家賃を先に確かめましょう

お金と模型

賃貸物件を借りる前に、一般的な家賃相場を必ずチェックしておきましょう。また、毎月の家賃だけではなく、初期費用に関しても確認を入れることが大事です。都心部の賃貸物件は家賃が高額な傾向にあるので、安く済ませたいなら郊外に目を向けることも、重要となります。

詳しく見る

不動産投資を始める

お金と模型と電卓

将来安定した収入を得るために、不動産投資をする人が増えています。マンションを購入して、購入したマンションを貸し出します。そして家賃収入を得ます。マンション管理会社に管理を委託すれば、家賃保証などがついてくるので安心です。

詳しく見る

出口戦略で誤らないために

マンション

機会損失を生じないようにするために、投資用一棟マンションは短期間で売却する必要があります。管理会社や一棟マンションに強い不動産会社に相談し、最適な売却計画を立案してもらいましょう。また、入居者への対応も考慮することで、余計な手間を省けます。

詳しく見る

所有形態による差異

マンション

マンション管理は分譲マンションと賃貸マンションでは管理の範囲や内容が異なるため、事業に即したマンション管理会社を選定する必要があります。マンション管理の業界は競争が激しくなっており、コストを下げることは可能ですが、管理の質が低下すると大規模修繕に跳ね返るのでトータルコストを考慮することが重要です。

詳しく見る

不動産の見えない費用

家族

住居を借りる時や購入する時にまず調べたいのは家賃相場です。さらに、不動産会社と借主・貸主の間には管理会社というものも存在し、物件についての維持管理はこちらが行っています。管理会社が間に入る場合は費用に手数料が上乗せされるので、その費用についても考慮した物件選びが必要です。

詳しく見る

安定した暮らしを実現

マンション

高みの見物が可能

投資の一つとしてマンションを購入して、購入したマンションを他人に貸し出す不動産投資があります。不動産投資で大切なのはマンション管理会社へ委託することです。自分で全てを管理する場合、相当な労力が必要になりますし、知識も必要でしょう。これらの作業をすべて引き受けてくれるのがマンション管理会社です。マンション管理会社へ仕事を委託すれば、住人とのやりとり全般に加えて、マンションの管理をしっかり行ってくれるので、マンションの持ち主であるオーナーは高みの見物ができます。マンション管理会社との間で契約を交わす際、マンション管理会社はいくつも存在しているので、サービス面や費用面を比較検討することが大切です。この二つを比較検討しておけば、間違いなく頼りになり安心できるマンション管理会社に出会えます。費用面は金額を比較すれば良いですが、サービス面はいったいどんなところに注目すれば良いでしょう。それは、空室の場合の補償制度があるかないかです。これは空室になってしまった時は当然住人がいませんから家賃は入ってきません。しかし、保証制度があれば、マンション管理会社が空室分の家賃を保証してくれますから、オーナーは慌てる必要がありません。この保証制度が確実に含まれているマンション管理会社を利用しましょう。最初はマンションを購入する費用やマンション管理会社への手数料等が負担になりますが、将来的には家賃収入からマンション管理会社へ支払う手数料を引いた金額がまるまる利益になります。